【刺繍初心者さんへ】簡単!サテンステッチの上に刺繍を重ねる方法

サテンステッチの上に刺繍を重ねる方法

サテンステッチに刺繍を重ねる方法

印刷した図案の紙をサテンステッチの上に重ねて刺繍します。

刺繍図案そのものに刺繍するので、手軽に図案通りに刺繍できおすすめの方法です。

刺繍例

サテンステッチの上から刺繍した部分:額縁部分のお花模様

Sfilの刺繍図案ではサテンステッチが多いので『サテンステッチに刺繍を重ねる』と説明していますが、もちろんロング&ショートステッチなどほかの刺繍にも適用できます。

サテンステッチに刺繍を重ねる方法を動画で見る

サテンステッチに刺繍を重ねる順序

刺繍図案の紙をサテンステッチのサイズに切る
図案のカット
図案は刺繍するサテンステッチの部分ごとに分けてカットします。
図案のカット
サテンステッチと同じ形に図案をカットして重ねることで、簡単に刺繍を重ねることができます。
刺繍図案のカット
図案は黒線の枠の内側をカットするとサテンステッチと合わせやすいです。
カットした図案の黒枠の線が見えないくらいがちょうど良いです。
サテンステッチに刺繍を重ねる|文字
図案に合わせるときは基準となる目印を決めます。
例えば上記写真の場合は本の上側と虹のカーブが目印として図案を配置します。
図案のカット
サテンステッチ一区画ごとに図案を重ねて刺します。
刺繍図案のカット
サテンステッチと形を合わせられるならどのようにカットしてもOK
上記写真の場合、ピンクのラインをサテンステッチを合わせる目印にしています。

刺繍図案の紙をサテンステッチの上に乗せてずれないようにピンでとめる
図案をピンで留める
図案の紙をピンで留めます。2~3ヶ所留めるとずれにくく刺繍しやすいです。
シルクピン
おすすめはクロバー社のシルクピン。細くて扱いやすいです。
刺繍図案の紙の上から刺繍ステッチを刺す
サテンステッチに重ねて刺繍する
紙の上から刺繍をするときは紙がずれないように気を付けながら刺します。

刺繍図案の紙の上から刺す刺繍ステッチ

・サテンステッチ
・ストレートステッチ
・線の刺繍
・ビーズ刺繍(紙を取り除いてから刺してもOK)
・フレンチノットステッチ(紙を取り除いてから刺してもOK/紙を取り外すときは特に慎重に)

フレンチノットステッチを紙の上から刺すときは、フレンチノットステッチの形が崩れないように慎重に紙を取り外します。

刺繍図案の紙を取り除く
図案の紙を取り除く
図案の紙を取り除くときは端の紙から少しずつ、無理に引っ張らずに小分けに取り外していきます。
図案の紙を取り除く
とくにアルファベットのなど細かい文字の輪っか部分のなかに紙が残りやすいです。
細かい部分は針先を使って紙が残っていないかチェックします。
残りの刺繍ステッチを完成させる
図案を取り外した後にフレンチノット
例えばお花の中心のビーズやフレンチノットステッチなど、
刺繍図案の紙を取り除いてから刺繍しても問題ないステッチは紙を取り除いてから刺繍します。

刺繍図案の紙を取り外した後に刺す刺繍ステッチ

刺繍図案の紙の上から刺繍しても問題はないですが、
取り外した後に刺繍したほうがよりきれいに仕上がりやすいです。

・フレンチノットステッチ
・ビーズ刺繍

関連記事